· 

発達障害住環境サポーターの必要性

以前、発達障害住環境サポーター養成講座に ご参加頂いた方から貴重なご意見をいただきました。

講座は発達障害のご家族の方、当事者の方、整理収納アドバイザー、支援機関の方など

様々な立場の方が参加し意見を交換をします。その中で、親子で片づけに困っているお母様からのメールです。

 

掲載許可をいただきましたので、一部を投稿致します。

 

身の引き締まる思いです。

 

********************

 

受講では様々なお話を伺いありがとうございました。

 

受講時に母である私自身、5歳の息子ともに発達障害で日々の整理整頓に困っていることを相談させて頂きました。

当事者である者からして、整理収納アドバイザーの方の『要不要が分からない感覚が分からない』のコメントに、改めて発達障害の難しさを感じました。

 

手足や目、耳が不自由なら、周りはわりと容易に理解してくれますが、発達障害は性格や個性と捉えられがちです。

当事者は小さなことにつまづきやすく、日々の暮らしに困難を感じており、必要に応じて行動認知療法、投薬、社会福祉サービス等を受け続ける立派な障害だと思っています。

 

住環境サポーターとなる皆様が、発達障害者の困難を受け止めてサポートして下さることを願っています。