· 

ステイホーム で「スティーブ・ジョブズ」を読み返してみた

《 暮らしもこころも整える 》くらこことっと 久保かをるです。

 

STAY HOMEで、日頃 やりたくて出来なかったことを していますが、その一つが読書。

 

先日『スティーブ・ジョブズ』を読み返してみました。

 

くらこことっと では『発達障害でも出来る片づけ方』として、特性により困っている人に寄り添った片づけサポートを行っております。

  

天才と呼ばれる人や、成功者たちのなかには、どこか偏っていて、発達障害の特性を持っている人が多いと言われているが、ジョブスも その一人。

 

協調性がなく、拘りが強く、物事を成し遂げるために、周りを蹴散らしてでも強烈なパワーを発揮する。

 

だからこそ、Apple や ipod、iphone、ピクサーのトイストーリーなどが生まれたと言われている。

 

私が仕事をしている中でも、この人 ADHD 傾向あるなと思ったり、完全に ASD だ。などと思ってしまうことが多々ある。

みんな、どこか苦手な事はあって「みんな発達障害」などという言葉もあるくらい。

 

かく言う私も、頭の中がグチャグチャになってしまうADHD の傾向や、こだわりが強いASDの特性を多分に持っていると自覚してる。

 

ですが、『障害』と言われるとそうではなく、困りごとにはなっていないので『発達凸凹』くらいの言い方が丁度良い感じ。

  

人間は神ではないので「完全」ではない。

(本のタイトルと矛盾しているが)

 

「出来る事」「出来ない事」「得意な事」「苦手な事」「イケてる自分」「ダメな自分」全てを持って 自分がある。

 

そして、自分の弱さも強さも両方理解している人が、本当の意味での賢者だと思う。

 

人は、完全ではなく 凸凹している方が、魅力的だとすら思う。

 

 

苦手な事は、得意な人に助けてもらえばいい。

 

そして、得意な事でお返しをしてあげればいい。

 

発達障害住環境サポートはこちら

 

横道にそれてしまったが、

ジョブズの言葉に

 

「人生はレンガでぶん殴られるようなひどいことも起きるが、信念を失ってはいけない。

私がここまで続けてこられた ただ一つの理由は、自分のやってきたことを愛していたからです。

真の満足を得るためのたった一つの方法は、自分が信じる仕事に打ち込むことです」

 

心にしみます。

 

 

書籍:スティーブ・ジョブズ 人を動かす神

著者:竹内一正

出版:リュウ・ブックスアステ新書

発行年数:2009年3月24㈰