· 

会社経営者の洋服事情

《 暮らしもこころも整える 》くらこことっと 代表の久保かをる です。

 

先日、会社を経営されている社長さんの 洋服の整理収納に行ってきました。

 

経営者 × 洋服事情で、あまりにも有名なスティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグ。

 ジョブズは、黒のハイネックにリーバイス501、NBのスニーカーがが定番。

 ザッカーバーグは、グレーのTシャツやパーカーしか着ないと有名です。

 

毎日の洋服選びよりも、もっと重要で大切な決断の為にエネルギーを使うためだという

 

私の知合いの経営者にも、いつも同じような服装している男性が何人かいるが、そういう方たちは、見た目も会話も持ち物もいつもスッキリしている。

 

だからといって、出来る経営者は、みんな整理が得意な人ばかりというわけでもない。

 

▶好奇心が旺盛で、新しいツールが出るとすぐに試したり

▶スピード感をもって次々と改革していったり

▶新しい情報を得たら、いち早く実行していたっり

▶興味をもった人物がいれば、直ぐに会いにいったり

▶本や資料をたくさん読むので、山積みになっていたり

 

その結果、物が増えたり、片づける時間がなかったりすることもあります。

 

それも、有能な経営者の大切な「素質」の一つだと私は思います。

 

ADHD (注意欠如・多動性障害)の特性で、興味関心が移りやすかったり、思いついたら実行せずにいられなくなる、物がたくさんになってしまって片付けが苦手という方もいます。

 

ジョブズも 、部屋や仕事環境は散らかっていたと言われているが、だからこその私服の制服化なのではないでしょうか。

 

私はその素晴らしい「素質」を理解し活かしつつ、経営者の滞ってしまったモノやコトの整理のきっかけになり 使いやすい住所決めをし、その後の生活を最適化(洋服選びにかかる時間と意志力を最小化)するためのお手伝いを致します。

 

お掃除をするための家事代行サービスとは、違います。

 

******

 

お伺いした社長宅では、3時間の整理収納コンサルで、100着近くの洋服を手放す決断を促し、プラスチック収納を5ケース程度 廃棄処分となりました。


いままで、先送りにしてらっしゃった件のきっかけ( 時間と場とモチベーション)を作っただけ。
それから、毎日の洋服選びに時間がかからないように、住所を決めただけ。

 

条件が整うと、社長の意思決定は、素晴らしい速さでした。


******


そして、その後 加速して整理収納は進み、衣装ケースをさらに一つ処分して、ご提案していたドイツ製のマワハンガーを120個 購入して 掛ける収納を増やしたと、ご連絡を頂きました。素晴らしすぎる結果です。

 

ご興味ある方は、ご連絡ください。

ただいま、オンラインで相談対応致しております。

 

お問合せはこちら

 

※写真は、掲載許可を頂いております