《 1 日 60秒の短縮 》朝食の洗い物を減らしてみる

《暮らしもこころも整える》くらこことっと 代表のくぼです。

 

ここのところ、わたなべぽんさんの「やめてみた」という、著書がベストセラーになってメディアで話題です。「色々やめてみた結果、生きるのが楽になった」という、とても興味深い本です。

 

共感する事ばかりですが、まさに、ずっと考えていて実践したこと「そう、これこれ」と思ったものの中のひとつ

 

我が家は、健康の為に朝食をしっかり食べます。

 

野菜はなるべく多くとるように、フルーツにヨーグルトをかけて食べるのも定番。

 

この朝食で、10㎏痩せた体重をキープでき、家族の健康も維持できてます。

 

だけど、朝の台所作業はこれだけではない。

 

 

3人分の朝食づくりと同時に、お弁当2人分作ります。

 

朝から、多量のお皿と、ボールや鍋など調理器具など、たくさんの洗い物が出ます。

 

更に、主人の両親と同居していて、1箇所しかないキッチンをシェアハウスのように、時間差で使い分けているので、7時までにピカピカに片づけて、空け渡さなければなりません。毎朝、時間との戦いです。

 

 

 

 

時短の為に、洗い物を何とか減らしたいと、大皿にワンプレーにしようと何度か試してみました。

 

基本的にお皿は、フチが高く、中央が低くなっているので、サラダのドレッシングが、パンにしみこんでしまったり、混ざってほしくない料理があって上手くいきませんでした。

 

 

 

 

 

 

先日、思い切って ランチプレート、Franc franc の SOULAGER  SERIESを購入してみました。

 

陶器のタイプのものと迷ったのですが、今回は、効率化を重視して、軽くて扱いやすい樹脂製の物を選びました。食洗器でも使用可能です。

 

 

 

 

ランチプレート使用により、12皿 ⇒ 6皿 (3人分)に半減。食器を手洗いして食器棚に片づけるまでの時間を計測したところ、 60秒の短縮になりました。

 

たった 60秒、されど 60秒。

 

積もり積もって、1年間だと6時間の短縮。

 

それだけではなく、焦って片づけるのが半減する事により、ストレスも軽減します。

僅かですが、水道光熱費も軽減されいるはずです。

小さなことでも一つ一つ工夫することで、快適さが増えていきます。 まずは、思いついたら、試してみる事をおすすめしますが、この記事を読んで、ランチプレート購入を急がないでください。


まずは、家にある大皿でお試しください。衝動買いは、使わない物を増やす原因になります。 

物を購入するときは、よく吟味して購入してくださいね。