子どもの片づけのポイント  〜ゲーム感覚で楽しむ〜

《暮らしもこころも整える》整理収納計画くらこことっと 久保 です。

 

子どもに片づけを促すにあたって

 

「片づけなさい!」

 

なんて、決して言ってはいけません。

そんなことを言ったら、ますますやる気がなくなります。

 

それでは、どうしたらよいか

片づけをゲーム感覚に

まずは、お子さんと一緒に片づけをゲームにしてしまいましょう。

 

その時に、親が勝手にルールを作らないこと。

子どもに相談して、出来る限り 子どもの意見を取り入れてルールを決めてみましょう。

 

片づけをしたら10分 = 1ポイントとか、1箇所1ポイントとか、そして3ポイントでゲームを 30分できるとか、1ポイントをで1つのお菓子が食べれるとか。

 

なるべく、お子さんの好きな事にポイント還元できるようにしましょう。

子どもが自分主体で片づけるように仕向ける

片づける時に、お母さん主体になってはいけません。

 

 あくまでも、お子さん主体で、考えさせるようにしましょう。

 

要、不要 を選別するときも、横で文句を言わないでください。

 

「えーそれ 取っておくの? 捨てちゃいなさいよ」

 

「えーそれ 捨てちゃうの? 高かったのよ、取っておきなさい」

 

そんなことを言われたら子どもの思考は止まります。

結局、自分で決められないのだと主体性のない子に育ちます。本当です。

 

ここは「取捨選択の勉強だ」とグッと堪えて、見守りましょう。

 

そうすると、子どもは自分で考えて片づけが出来る子どもに育ちます。

 

子ども達に主体性を持たせた片づけ事例 は こちら

 ⇂⇂⇂

「笑顔いっぱい ♪ 子ども部屋の整理収納」

片づけのコツ

どこから手を付けて良いかわからないときは、種類別に片づけると判断がしやすく、スムーズに進みます。子どもたちには、具体的に アドバイスしてあげてください。

1.学校関連の紙もの 

 

年度末なので教科書、プリント、ノートなどで今後 見直さないと思われるものは、思い切って処分させまししょう。

進級、進学で、今まで以上の教科書や資料が入ってきます。それを見越して、置き場所を多めに確保しましょう。

 

手放す時は「よく頑張った」と自分で自分に褒めながら作業するように アドバイスしてください。小さなことですが、自己肯定感が得られます。

 

どうしても捨てられない物は、ボックスに入れて、処分の日を決めて普段あまり使わない納戸や、小屋裏などに移動しましょう。

2.子どもの作品

 

子どもの作品は、思いが込められていてなかなか手放せない物の一つ。

 

そのまま取っておくよりも、写真にとってアルバムにしたほうが、いつでも楽しめます。

今は、簡単にフォトブックにできるサービスもあるので、活用してみましょう。

 

簡単プチプラフォトブック

 

3. おもちゃ

 

おもちゃこそ、子どもだけで 仕分けさせましょう。

 

「遊んでいる物・好きな物」「要らない物」「思い出にしたい物」

 

その時のポイントは、「遊んでいる物、好きな物」から選ばせること。

 

手放して良いものは、知り合いにあげたり、リサイクルショップに子どもと一緒に持って行って、代わりに新しいおもちゃに買い替えるのも良いでしょう。

整理収納計画くらこことっと は、子どもの片づけも得意としてます。

子どもの片づけに、迷ったら、是非ご連絡ください。

 

整理収納計画くらこことっと

 

お客様の声 はこちら